ウォーターサーバー 売り方がうるさい営業マンとネットの決定的な違い

ウォーターサーバーはどこで契約できるの?と思っている人は意外に多いです。アナログ派のネット通販などをしない方はおそらくテレビやドンキやスーパー等でたまたま契約を進めているウォーターサーバー代理店の営業などで納得して契約をする等だと思います。

面白いことに電気屋さん等にはウォーターサーバーは販売されていることがほぼありません。電気屋のスペースを借りて契約の営業をしている営業マンはいても。

ウォーターサーバーの選ぶ基準としては比較をしてみると使い捨てタイプのワンウェイ式ウォーターサーバーのほうが水が新鮮なの?など多くの疑問が湧いてくるのですが、店頭営業の場合だと、ほぼ必ずと言ってよいほど比較ができないどこか一社の商品、ウォーターサーバーだけです。

それが悪いことなのか?それ自体は悪い事ではないでしょう。でも、ネットのSNSを覗いてみると、かなりの確率でウォーターサーバーの営業マジウザかったとか、私はウォーターサーバー自体は興味あったんだけど、水素水とかシリカとか良く分からない方向の営業されて冷めてしまったわとか、色々な批判が目立ちます。

もちろん、ウォーターサーバーの店員さんがイケメンだったから契約しちゃった(笑)とか、契約後、めっちゃ便利だわーっていう人も数多くいます。

ただ、店舗系、とか、ガラガラクジの景品でウォーターサーバーを契約してしまった人は公開している人が多いのです。きちんと契約内容を知らされず、無料と聞いていたのに水代が毎月かかるとかね。このような誤解はよくないですし、どちらが悪いと言えば完全に店頭で営業している側のウォーターサーバー代理店の人でしょう。

景品とウォーターサーバーについては自治体のHPなどでも取り上げられ問題になっています。レンタルではなく、ウォーターサーバー本体が景品であたるなら良いと思うんですけどね。大半がレンタルですので、受け取り拒否するのが無難です。基本的に正しい申込窓口にいけば、無料レンタルできるものなので、当たったというのが間違いですから。

ウォーターサーバーはネットで比較する方が断然安全で納得できる

自分自身がネットで今記事を書いているからというわけでなく、ウォーターサーバーという商品の特性をみると、レンタル型の商品が多く、主流になっているのがレンタルということを大前提に話すと、商流の都合上、店舗などで色んなウォーターサーバーを比較して購入する事が困難なのです。

例えば、テレビや洗濯機や炊飯器などは電気屋にいけば色んなメーカーの商品の値段、性能等を比較する事も出来るし、販売店の人にメリットデメリットの多くの情報を聞くことが出来ます。

しかし、ウォーターサーバーはできないのです。

インターネットの場合はウォーターサーバーでもそれができてしまいます。ネットで申込契約をできるようにしているウォーターサーバー会社は多数あります。だからそれをまとめて比較しているサイトを使えば良いのです。

ウォーターサーバーに限って言えば店舗とネットの圧倒的違いはここです。ネットの場合は受動的に自分で探し、うるさい営業マンもいませんので、自分のタイミングで納得したものを申し込むことが出来るので、店舗で言葉巧みなトークに魅了され後で後悔したくないのであれば私は、ネットで比較検討する事が一番の方法だと思うのです。

もちろん、好きなようにすればよいんですけどね。

COPYRIGHT© ウォーターサーバー口コミで人気のおいしい天然水 ALL RIGHTS RESERVED.